船上サービス of キョウショク

司厨部員と船上のサービス

キョウショクの司厨部員について

KIMG0454.JPG


キョウショクでは主に調理専門学校から新卒の調理師を雇用しています。
彼らは調理の基本が出来ていることは勿論ですが、新しいことに対して吸収力があり、柔軟性に優れています。
彼らのポテンシャルを生かしながら、弊社では入社前には乗船研修、また入社後には船上で独自のOJT研修並びに船舶料理士の資格取得研修を行っています。
約半年後に船上研修で先輩司厨士や船長から認められると、キョウショクシステムの中で司厨士として独り立ちします。
ただ、それでも未だ社会人としても司厨士としても未熟です。その為、弊社では陸上研修を行い、社会人としてのマナー研修や新しい献立の試作、船上サービスの模擬試食会を行っています。

研修の流れ-01.jpg

船上でのサービス

KIMG0018.JPG
KIMG0445.JPG

美味しい料理を提供する上で、キョウショクそして各司厨士が心がけていることを3つあげました。
1.情報の共有によって船員さんの要望に合わせる努力をする

献立は陸上での作成ですが、現場の船員さんの事をよく知っている司厨士が、船員さんの年齢や嗜好を陸上スタッフや次に乗船の司厨士に伝え、レシピや調理に反映しています。


2.食事から季節を感じて貰う

船の上で少しでも季節を感じて貰えるよう提供するお食事は出来るだけ旬の食材を取り入れています。また、クリスマス等のイベント時にはクリスマスケーキを作り、イベントを感じて頂けるよう努力しています。


3.美味しい状態のお食事をご提供する

大勢の船員さんが揃って食べれるときは、温かい状態で、バラバラの食事のときは冷めても美味しく食べれるお食事を提供するようにしています。